進歩する医療技術|ガン治療における免疫療法等の様々な治療方法

胃がんに特化した免疫治療

お腹を触る男性

ガンはその発生箇所により症状の重さや死亡率が大きく変わります。その中でも肺ガンと胃がんは死亡率が高いといわれており、早期の発見と治療が必要といわれています。胃がんについては女性よりも男性の方が発症する確率が高く、その中でも40代以降での発症が多い傾向があるようです。胃がんの治療法の中で最も一般的なものは外科手術による治療で、胃にできた悪性腫瘍を手術によって取り除きます。その手術の際にはガンが転移・再発してしまう可能性のある箇所も全て切除する必要があるので、胃自体を切除することもあるようです。そういった手術を行うと、ダンピング症候群、逆流性食道炎、無胃性貧血等の副作用が発症する可能性が大いに有ります。その他の放射線治療や抗ガン剤治療に関しても、副作用による身体への負担が大きいとされ、その治療は大変苦しいものとなるでしょう。そういった問題を軽くするために、免疫療法と呼ばれる医療技術が考案されました。
免疫療法の中でも高活性化NK細胞療法と呼ばれる方法は胃がんに特化した免疫療法といわれています。高活性化NK細胞療法では患者への負担を極力軽減することができます。胃がんの完全な治癒ができない場合もありますが、身体への負担の少ない治療法のため、副作用無しにその症状を抑制することが可能です。治療の方法に関しても点滴による全身治療なので、簡単に行うことができます。また、高活性化NK細胞療法は通常の胃がん治療と平行して行うことも可能なため、より確実に治したい場合にはそういった方法も選択肢に含まれるでしょう。