進歩する医療技術|ガン治療における免疫療法等の様々な治療方法

放射線の負担とメリット

先生

癌治療において、三大癌治療と呼ばれる放射線治療を受ける際にはその治療がどういった治療なのか、また、その治療におけるメリットとデメリットについてしっかりと把握しておく必要があります。
放射線治療は外科手術による癌治療と違い、臓器等を切除することなく行なわれる治療です。その治療方法として、放射線を患部に放射することで悪性腫瘍の細胞数を減少させその腫瘍の大きさを小さくしていくといったものとなっています。この治療の場合、腫瘍は小さくなり患部に留まります。その小さくなった腫瘍が今後、再び大きくなるかどうかで治療の成功か不成功かが決まるのです。そのため、長期による再検査が必要になります。放射線治療のメリットとしてはやはり、臓器を欠損させることなく治療を行えるという点でしょう。しかし、放射線による治療のため放射線を浴びる臓器はダメージを受けますが、外科治療による切除による欠損と比較すれば軽いダメージとなっています。また、その癌の発生した臓器や腫瘍の種類によって放射線治療の効果が得られるかどうかが決まってしまいます。完全に効果が得られないという訳ではなく、効果の高い箇所と低い箇所があるのです。効果が低く、放射線へのダメージが大きく現れる臓器等もあるので放射線治療を受ける際には医師との相談が大切になるでしょう。治療期間においても、放射線を少しずつ照射するため1ヶ月から2ヶ月の期間が必要となり、その後の定期検査も必要となります。また、治療後に晩期障害と呼ばれる副作用が発生する可能性があり、治療後の数カ月後か数年後といった長い時間が経った後にその影響をみせはじめます。この症状を発症してしまう人は全体の10%程度と言われていますが、治療を受ける際にはしっかりと検討すべきでしょう。治療自体はとても楽に受けることが可能なので、こういったメリットとデメリットを検討材料に自身が頑張れる治療法を選ぶことが大切なのです。