進歩する医療技術|ガン治療における免疫療法等の様々な治療方法

胃がんに特化した免疫治療

お腹を触る男性

胃がんは40代以降の男性に多くみられ、その死亡率は高いものとなっています。免疫治療の一つである高活性化NK細胞治療であれば、患者の身体への副作用等の負担をなくて長期的な治療を行うことが可能です。

もっと見る

自身の睡眠状態を知る

カウンセリング

睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる病気は睡眠時における呼吸低状態が多く繰り返される症状で、多くの人はその症状について自覚していません。日常生活に支障がでてしまう前に自身での検査もしくは医療施設での検査を受けましょう。

もっと見る

免疫療法の有用性

診断

人類はガンと呼ばれる病気と長く戦ってきました。ガンというのは悪性腫瘍のことをいい、あらゆる箇所において発生する確立のある病気です。この悪性腫瘍というのは人体を構成する一部の細胞の暴走し異常な増殖を起こすことによって発生します。この悪性腫瘍が発生するメカニズムについては現代医療では完璧に解明することができておらず、その予防法は存在しないのです。ガンは現在においても、ガンによる死者は多くでており、医療技術の進歩による解決を多くの人が望んでいます。
ガンは予防のできない病気で、不治の病と呼ばれることもありました。しかし、現代の医学の進歩により予防はまだ不可能でも治療については可能になりました。ガン治療には外科治療、化学療法、放射線治療といった治療法があり、それらは3大ガン治療と呼ばれています。そういった治療の他に、最新の医療技術において第4のガン治療として世界的に注目されている治療法が開発されました。その治療法は免疫療法と呼ばれるもので、元々人間の備えている体内に侵入した異物を排除するシステムである免疫を利用したガン治療となっています。免疫療法によるガン治療というのは、即効性はあまり有りませんが治療効果は長期間において持続します。また、従来の3大治療よりも身体に掛かる負担が小さく、副作用が少ないといったメリットがあります。3大治療と平行して免疫療法を行うことも可能なため、ガン治療に対して高い効果を得られるようになるでしょう。免疫療法による治療が成功した場合には、ガン以外の病気に対しても強い身体を手に入れることが可能になるはずです。

放射線の負担とメリット

先生

癌の治療法の中には放射線による治療法があります。放射線治療での治療は簡単に受けることができますが、その副作用や治療期間、治療の内容をしっかりと把握して治療を受けることが大切です。

もっと見る